アラフォーおひとりさま独女の海外生活

日本では負け組(?!)のアラフォー独身女が、日本を脱出してカナダのバンクーバーで自分の居場所を見つけた。西海岸のんびりライフ、海外から見た日本などを綴ります。英語の勉強方法、海外留学や移住に関する情報共有も。

ノースハリウッド(North Hollywood)

先週、ジョニーデップ(Johnny Depp)がバンクーバーのダウンタウンに現れたらしい。その場に居合わせた一般人と一緒に写真を撮ったりハグしたりと、素晴らしいファンサービスっぷり!突然ジョニデが現れたらビックリだけど、会えた人はラッキーだよな~。映画『Richard Says Goodbye』の撮影で約1ヶ月バンクーバーに滞在するそうなので、私もまだ出会えるチャンスがあるかも?!

www.youtube.com

 

ノースハリウッド(North Hollywood)

ところで、バンクーバーの別名が「ノース・ハリウッド」というのはご存じでしょうか?アメリカ・ロサンゼルスに次いで、バンクーバーは北米で2番目に映画産業が盛んなんです!街並みがアメリカと似ているので背景に違和感なく撮影ができるし、撮影にかかるコスト(道路を通行止めにしたりとか)もアメリカでやるより安く抑えられるとか。

 

私もちょくちょく映画やTVの撮影をしている場面に出くわします。以前、地下からの階段を上って地上に出たら、夏なのに一面雪が積もっていてビックリしたことが!映画の撮影のため人工雪を降らせて「冬の街並み」を再現していたそうです。手が込んでますよね。

 

バンクーバーで撮影された映画

アラフォー世代には懐かしのアメリカドラマ「X-ファイル」のシーズン5までが、ここバンクーバーで撮影されていたのは有名です。モルダー&スカリーの住んでいたアパートもまだ実在しますよ!X-ファイルだけでなく、他にも色々な映画やドラマの撮影が行われているので、何気なくDVDを見ていて「あ!これダウンタウンの〇〇だ!」みたいな発見が結構あって面白いです。映画ファンの方は、バンクーバーで映画ロケ地巡りをしても楽しいかもしれませんね!

 

カナダで映画留学

映画産業が盛んなバンクーバーなので、映画製作に関連する企業や学校も数多くあります。映画専門学校のバンクーバー・フィルムスクール(通称VFS)が有名で、世界中から多くの留学生が集まり、撮影、3D、音響、台本など、映画製作に関わるノウハウを学んでいます。

 

将来、映画産業で働いてみたいな~という夢を持っている諸君、バンクーバーで映画留学なんてどうでしょう?映画について学べるだけでなく、英語だって身につくので一石二鳥ですよ!学校卒業後はバンクーバーの映画関連企業に就職→将来的に映画の本拠地ハリウッドでお仕事もできちゃうかも?!夢が膨らみますよね~