アラフォーおひとりさま独女の海外生活

日本では負け組(?!)のアラフォー独身女が、日本を脱出してカナダのバンクーバーで自分の居場所を見つけた。西海岸のんびりライフ、海外から見た日本などを綴ります。英語の勉強方法、海外留学や移住に関する情報共有も。

カナダで通じなかった英語の話

日本には和製英語(俗にいうカタカナ英語)が溢れかえっていて、それを皆、あたかも本当の英語であるかのように使っている。実際に海外で暮らしてみると、普段日本で使っていたカタカナ英語、あれが実は和製英語でカナダ人には通じなかった。。。なんてことが良くある。

 

1. イケア(IKEA)

お洒落な家具やインテリアがお手頃価格で手に入る、日本でも人気の北欧家具チェーンのイケア(IKEA)。ここバンクーバーにも店舗があります。

 

カナダに来て間もない頃、インテリアや収納グッズなどを買い揃えたくてイケアに行こうと思った。知人にイケアに行くにはどうやって行くのが便利か案内を請うたのだが、話がどうも通じなかった。

 

私:「How can I get to IKEA?」(イケアにはどうやって行ったらいいの?)

相手:「Where?」(どこ?)

私:「イケ~ア」

相手:「?」

私:(あれ?この人、イケアの店知らないのかな?)「イケ~ア~」

相手:「Sorry, where??」(ごめん、どこ?)

私:(私の言い方が間違ってる?)「イ~~ケア~」

相手:「?????」

 

当時まだカナダに来たばかりで英語も全然へなちょこだった私。発音がいけないのかな?と思っていろいろ言い換えてみたんだけど通じなかった。こりゃダメだと思って、スマホでIKEAを検索して相手に見せると...

 

相手:「Oohhh, IKEA(アィキィ~ア~)!

 

お分かりだろうか。発音が「イケア」ではなく「アィキィ~ア~」なのだ。そりゃ通じないハズだわね。

 

ちなみに、スウェーデンにあるIKEA本社では「IKEA=イケア」と発音するそうなので和製英語という訳ではないらしい。英語圏の人がIKEAの発音をする際に「I」の音がイ→アイになってしまうそう。カナダやアメリカでは「IKEA=アイキア」だが、イギリスやオーストラリアでも同じなのだろうか?

 

2. パクチー

日本では今パクチーが人気上昇中なんだそうで、パクチーをモリモリ食べられるレストランが各地にできているとか。私もパクチー大好きです!ここバンクーバーにはアジア系住民も多いので、パクチーは普通にスーパーで売られております。

 

おそらく、タイ・ベトナム系アジア人になら「パクチー」でも通じると思うけど、普通のカナダ人にはパクチーではなく「Cilantro(シランチョロ)」と言わないと通じない。パクチーの別名で「Coriander(コリアンダー)」とあると思うけど、カナダ人にコリアンダーというと、パクチーの「種」の方を連想する人が多いように思う。

 

スーパーに行った際、パクチーの葉っぱが欲しければ「Cilantro(シランチョロ)」、スパイスなどに使うパクチーの種が欲しければ「Coriander(コリアンダー)」と使い分けよう。

 

3. コストパフォーマンス

日本ではよく「コストパフォーマンスが良い」「コスパ最高!」など使うと思うけど、実はコレ、和製英語なので英語圏では通じない。Cost Performanceという単語は存在しないのだ!では、何と言ったらよいのかというと「Affordable」がシックリ来るかな。

www.merriam-webster.com

 

昨今の日本ビジネス界では、妙なカタカナ英語が氾濫しているように思う。意識高い系の人々が己をクールに見せようと、無理やり日本語をカタカナ英語に直して使っているような。アジェンダとか、アサインとか、エビデンスとか。そんなの日本語のままの方が間違いなく、確実に通じると思うのだが。

 

4. 商品名がそのまま英語になってるもの

  • ティッシュペーパー:クリネックス(Kleenex)
    カナダ人はティッシュペーパーの事を「Kleenex(クリネックス)」と呼ぶ。カナダ人にとってのティッシュペーパーとは、お店で小物を買った時に包装や緩衝材として使用される薄っぺらい紙のことを指すようだ。

 

  • 綿棒:キューティップ(Q-tips)
    綿棒は「Cotton Swabs(コットンスワブ)」というらしいけど、カナダでは「Q-tips(キューティップ)」と呼ぶ人が多い。このQ-tipsは綿棒の大手販売会社ね。

 

英語を勉強し始めると、慣れ親しんだ和製英語のせいで混乱することがあるけれど、こういう日本と英語圏での違いや、英語圏内でもアメリカ/カナダイギリスでの違いなんかを調べると、いろいろ発見があって面白いです。